医療用ウィッグ

医療用ウィッグの補助金・助成金制度!保険や医療費控除も受けられる?

医療用ウィッグ 補助金 助成金

 

何かと高額な出費が続くがん治療。

 

医療用ウィッグにも補助金制度があるのはご存知でしょうか?

 

まだ誰でもその補助制度が受けられるわけではありませんが、お住まいの地域によっては医療用ウィッグの購入において補助金を受けることができるかもしれません。

 

少しでも補助金を受けられるのは助かりますから、これからウィッグを購入する方も、また最近購入した後でもよかったらチェックしてみてください。

 

医療費控除や生命保険でもウィッグが対象になるのかについても紹介します。

 

医療用ウィッグの補助金・助成金制度!保険や医療費控除も受けられる?

医療費 医療用ウィッグ 補助金

手術や治療を受けるために、高額医療限度額の申請をしたり、限度額認定証を受けると高額な治療費を抑えることができます。

 

まず、医療用ウィッグを購入する場合は、医療費控除の対象にもなるのでしょうか?

医療用ウィッグは医療費控除に入る?

 

医療用ウィッグは、健康保険(国民健康保険や社会保険)適用対象外です。

医療費控除

支払った医療費や医療器具等の実質負担額が、国が定めた金額を超えた場合に超えた税額の一部が国から還付されるもの

 

じゃぁ、医療用ウィッグが医療費控除に該当するのかというと、国税庁の「医療費控除の対象となる医療費」では以下のような記載があります。

 

次のような費用で、医師等による診療、治療、施術又は分べんの介助を受けるために直接必要なもの

(1) 医師等による診療等を受けるための通院費、医師等の送迎費、入院の際の部屋代や食事代の費用、コルセットなどの医療用器具等の購入代やその賃借料で通常必要なもの(ただし、自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金等は含まれません。)
(2) 医師等による診療や治療を受けるために直接必要な、義手、義足、松葉杖、補聴器、義歯、眼鏡などの購入費用
引用:国税庁

 

これだと医療費控除は医師による治療、施術を受けるために直接必要なものとあり、コルセットなども入っているので、医療用ウィッグも入りそうじゃない?

と思いますが、これは直接治療に必要なものとされていません。

なので対象外になります。

 

確定申告のときにたくさん支払った医療費の一部が戻る医療費控除、健康保険では補助金をもらうことはできません。

生命保険は?

 

医療用ウィッグで国が定める保険はありませんが、一部生命保険会社のがん保険では医療用ウィッグの購入費10万円保証というものもあるようです。

 

とは言え、このページを読んでいただけているということは、近々必要な方だと思うので、生命保険の話をしてもきっと遅いですよね。

 

私もがんになって「あぁ、もっと手厚い保険に入っておけば・・・」なんて思ったものです。

 

誰も保険に入るときって病気になると思って入るわけじゃないですからね。

手厚くすればするほど保険料は高くなるし。

 

もしかすると、入っていたがん保険でも医療用ウィッグ購入保証がついている可能性もある方は保険屋さんに問合せをしてみましょう!

 

補助金・助成金が受けられる自治体もある!

医療用ウィッグ 補助金 医療費控除

一部の県、市区町村では医療用ウィッグ、乳房補正具に補助金を出してくれる自治体があります。

 

実際に私が医療用ウィッグが必要になった年から水戸市でも導入されたため、補助を受けることができました。

 

めちゃくちゃタイミングが良かったです!

 

仕事をしながら治療を続ける人も多いですよね?

自宅や普段の生活のクオリティを維持するためには、女性にとっては絶対に必要なものなので、本当はどの自治体でも受けられるようになるといいのですが。

補助金制度を導入している自治体一覧

 

まだまだ全国各地とは言えませんが、医療用ウィッグの補助金・助成金制度を導入している地域が増えているようです。

 

調べた範囲で一覧にしてみました。

 

もしこの一覧になくても、もしかすると制度が導入されている場合がある可能性もあるので、自治体のホームページなどで調べてみてください!

 

秋田県
潟上市 がん患者医療用ウィッグ購入費助成金
市民福祉部 健康推進課 健康指導班
TEL:018-853-5315
能代市 がん患者補正具購入費補助金
市民福祉部 健康づくり課 健康企画係
TEL:0185-58-2838
岩手県
北上市 レンタル及び購入料金の補助
事業市健康増進課
TEL:0197-72-8295
宮城県
仙台市 がん患者医療用ウィッグ購入費助成事業
健康福祉局健康政策課
TEL:022-214-8198
栗原市 医療用ウィッグ・乳房補正具購入費用助成
市民生活部健康推進課
TEL:0228-22-0370
川崎町 がん治療に伴う医療用ウィッグ等の補正具購入費助成
保健福祉課健康推進係
TEL:0224-84-6008
石巻市 医療用ウィッグ・乳房補正具購入費助成事業
健康部 健康推進課
TEL:0225-95-1111
名取市 医療用ウィッグ購入費助成金
健康福祉部保健センター
TEL:022-382-2456
美里町 医療用ウィッグ購入費用助成事業
健康福祉課 健康推進係 
TEL:0229-32-2945
山形県
医療用ウイッグ購入費用助成
健康づくり推進課
TEL:023-630-2919
茨城県
水戸市 ウィッグ(かつら)乳房補整具の購入費用助成
いばらき みんなのがん相談室
TEL:029-222-1219
つくばみらい市 医療用ウイッグ購入費補助金
健康増進課(保健福祉センター内)
TEL:0297-25-2100(内線: 4501~4508 )
栃木県
大田原市 がん患者医療用ウィッグ購入費助成金
健康政策課 健康政策係
0287-23-8704
小山市 医療用ウィッグ購入費助成事業
保健福祉センター3階 健康増進係
0285-22-9524
日光市 がん患者ウィッグ購入費の助成制度
健康福祉部健康課健康推進係
TEL:0288-21-2756
東京都
港区 ウィッグ購入費用助成制度
みなと保健所健康推進課健康づくり係
TEL:03-6400-0083(内線:3873) 
神奈川県
横浜市 ウィッグ購入費用助成制度
横浜市ウィッグ購入費用助成金専用ダイアル
TEL:045-212-0307
大和市 大和市がん患者等ウィッグ購入費助成事業
 健康づくり推進課(保健福祉センター)
TEL:046-260-5661
福井県
健康増進課
(がん対策推進グループ)
TEL:0776-20-0349
福井健康福祉センター TEL:0776-36-3429
坂井健康福祉センター TEL:0776-73-0609
奥越健康福祉センター TEL:0779-66-2076
丹南健康福祉センター
(鯖江庁舎)
TEL:0778-51-0034
丹南健康福祉センター
(武生庁舎)
TEL:0778-22-4135
二州健康福祉センター TEL:0770‐22-3747
若狭健康福祉センター TEL:0770-52-1300
愛知県
名古屋市 がん患者のウィッグ購入費用助成事業
名古屋市がん相談・情報サロン「ピアネット」
TEL:052-243-0555
静岡県
藤枝市 医療用ウィッグや乳房補正下着の購入費助成制度
国民健康保険税係
TEL:054-643-3303
滋賀県
湖南市 がん患者医療用ウィッグ購入費助成
湖南市健康政策課(湖南市保健センター)
TEL:0748-72-4008
大阪府
河内長野市 医療用ウィッグ購入費助成事業
健康推進課保健センター(健康推進課)
TEL:0721-55-0301
鳥取県
県・健康政策課  TEL:0857-26-7227
東部福祉保健事務所
(鳥取保健所)
TEL:0857-22-5695
中部総合事務所福祉保健局
(倉吉保健所)
TEL:0858-23-3146
西部総合事務所福祉保健局
(米子保健所)
TEL:0859-31-9319
島根県
島根県 ウィッグ・補整下着の購入経費補助制度
島根県健康福祉部健康推進課がん対策推進室
TEL:0852-22-6701
山口県
岩国市 岩国市保健センター
TEL:0827-24-3751
宇部市 がん患者へのウィッグ(かつら)購入費助成
宇部市保健センター(健康推進課)
TEL:0836-31-1777
和木町 がん患者補正具購入費補助金
和木町保健相談センター
TEL:0827-52-7290
佐賀県
伊万里市 がん治療を受けている人のためのかつら購入費補助
健康づくり課
TEL:0955-22-3916
みやき町 みやき町がん患者医療用かつら購入費補助事業
民生部 健康増進子ども未来課 北茂安保健センター
TEL:0942-89-3915
熊本県
大津町 がん治療中の人の医療用かつら購入費の助成
健康保険課 健康推進係
TEL:096-294-1075
鹿児島県
垂水市 がん患者支援に伴うウィッグ購入費助成
保健課健康増進係
TEL:0994-32-1111

 

「ここの自治体もやってるよ!」「補助金終了しました」などの情報もお待ちしています♪

 

医療用ウィッグ(かつら)補助金・助成金の申請方法

医療用ウィッグ 補助金 申請方法

医療用ウィッグの補助金制度が行なわれている場合は、各自治体によって申請書が用意されているはずです。

 

私の場合は、病院のケモ室に置いてありました。

病院にあると便利ですよね!

 

申請条件や方法について紹介しますが、各自治体によって異なるため、あくまでも例として何となくでも参考にしていただけるとうれしいです。

申請条件

  • ウィッグ購入および申請日時点で各自治体に住民票がある方
  • 現にがん治療を受けている方(過去にがん治療を受けていた方)
  • 抗がん剤治療等の副作用による脱毛症状のためにウィッグを購入した方
    ※過去にこの助成金を受けられた方は対象外

助成の対象となる費用

 

基本的に該当するウィッグ本体の購入費用、1人1回というのが共通していると思います。

 

対象期間や助成金の限度額などは自治体などによって異なります。

(1万円~3万円というところが多かったです。)

 

JIS規格適合または医療用ウィッグが対象だったり、医療用ウィッグでなくても対象となっている自治体もあるようです!

提出書類

  • ウィッグ購入費用補助金交付申請書
  • 領収書などウィッグを購入した金額の明細を証明する書類
  • 抗がん剤治療などの受診を証明する書類(診療明細書、お薬手帳など)
  • 他からの助成金額が分かる書類(必要時)

※提出書類も各自治体によって異なる場合があるので、自治体へお問合せください。

 

私が住んでいる地域は、手続きも簡単で申請書に必要事項を記入し、医療用ウィッグ購入時の購入明細、診療明細書を原本(またはコピー)を同封して送るだけでした。

 

直接、市役所や看護協会などに持参する地域もあるようですが、郵送OKでした!

 

体調が優れず持参できない場合もあると思いますので、その際には問合せをしてみましょう。

 

また、購入したときの領収書、明細は保管しておくことをおすすめします!

(後から助成金制度が開始する場合もあるので!)

 

 

今回、私が受けた医療用ウィッグの補助金は、上限が1万円でしたが、それでも戻ってくると嬉しいものでした。

 

医療用ウィッグの購入費用の負担を少しでも軽くできるように、補助金制度もぜひ活用してみてください。